スポンサーサイト

2017.12.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


深夜廻(そのに)

2017.09.23 Saturday

 さくっと真エンディングを見たので感想を。

 ギリネタバレしないようにするので、未プレイの方も安心(なはず)です。

 

 冒頭の通り、さくっとクリアしました。とはいえ、攻略サイトに3回ほど行きましたが。

 

 メインは町のお散歩ですが、オプションボタンで次の目的が表示されるので迷いませんでした。

 迷わなかった故に、やり込み要素であるアイテム回収がガバガバです。クリア後の楽しみにとっておきます。

 

 普通にプレイすると、10人中9人がバッドエンドに一直線なのではないかな、と思います。バッドエンドに入る行程は鳥肌が立ちました。真エンドよりもバッドエンドの方が好きかもしれないというひねくれ者。

 

 さまざまな中ボスと対決しますが、私が下手なのか、ぽんぽんゲームオーバーになりました。

 システムが親切設計なおかげで、ストレスなくやり直しをすることができたので感謝です。

 

 そうなのです、簡単にゲームオーバーになるのです。故に、何度か作業ゲーと化しました。そこで怖さが薄れてしまい、ちょっと残念。上手な人は一発クリアするんだろうなー。そしてその方が怖さを持続できると思います。

 

 総括としては、プレイしてよかったな、と思いました。

 前半は怖くてドキドキしながら、後半は物語の真相をハラハラしながらプレイしました。


深夜廻(そのいち)

2017.09.19 Tuesday

 周囲の人にゲーマーって言われることがあるので、自分では全然そう思ってないけど、わりとゲームはするので、ブログのカテゴリーを作っておけば良かったなって思ってしまった。

 でもすぐに、気に入ったゲームを何回もプレイするタイプだから、カテゴリーを作っても持て余すだけだと気付いた。

 なので「その他」記事です。

 

 そんな私がペルソナ5以来、久しぶりに買った新しいゲームが「深夜廻」。

 ジャンルはホラーアドベンチャー。

 

 映画では、ホラーというジャンルは苦手だし、スプラッタとか痛いから嫌なんだけど、ゲームだとわりと平気という謎。

 

「深夜廻」は、リボンカチューシャが可愛い二人の女の子(本当にキャラクターデザインが可愛い)が、夜の町をお散歩するゲーム。

 まだプレイし始めたばかりなので全貌はわからないけれど、雰囲気が最高に好みなので綴ることにした。

 

 私はフリーホラーゲームもたまにプレイするので、ゲームのシステム自体は目新しくないかな、と思った。

 町でうろうろしているお化けを避けつつ、逃げつつ、隠れつつ、進むシステム。

 青鬼とか、クロックタワーとかと同じ、いわゆる逃げゲー。

 

 雰囲気が絶妙に怖く、何度かビクッとしたし、「こえーっ」って叫んだ。

 また、ストーリーの続きが気になって、とにかく早く先に進みたい欲求にかられる。我慢できずに突進して、お化けにぶつかって、ゲームオーバーを何回も繰り返した。

 あとね、コントローラーが震えるのが何気に心臓にくる。

 

 セーブのシステムは、セーブポイントと話の区切りでできるのみ。

 さらにセーブポイントでセーブするには、バイオハザードのインクリボンみたいに、コインが必要。コインがないとセーブできない。ただし、これはあんまり心配する必要はないと思う。現時点で、セーブポイントを見つける度に惜しみなくセーブしているけど余っている。

 

 ホラーゲーム苦手な人にはお勧めしない。

 でも、怖し苦手だけどホラーゲームやってみたいなって人にはお勧め。


SEARCH


MOBILE
qrcode

OTHERS